group exhibition「此処がユートピア」

※新型コロナウイルス感染予防対策として、お客様へのご協力のお願いもございますので、ご来店を予定される方は必ず以下のリンク先を事前にご確認いただき、ご理解とご協力の程、何卒お願い申し上げます。

【重要】コロナウイルスへの対応、お客様へのご協力のお願い
http://pol2020.jp/covid19/


group exhibition
「此処がユートピア

supported by Pulp

2020/9/19(土) – 9/28(月) ※水、木休み
平日 15:00-21:00
土日祝 12:00-19:00

at POL (大阪市中央区谷町6-18-29 2F / カレー屋”アララギ”上)

[artist]
Kenny Pain
坂口隼人
beewaa
六根由里香




わたしの心を癒すセラピーが、結果誰かを救うことになるなんて思いませんでした。

此処には、植物、言葉、オブジェ、ハート、生き物、なんでもが浮遊しています。それぞれの、頭の中に包んでいたものが解放され、また混在し部屋はほとんど自由となりました。漠然とした不安が空気中に漂う今、わたしたちが欲していたものは共通して安らぎや希望でした。モノを創ったり想像することで、細胞から心まで身体を心地良い場所へ解き放せることが、わたしたちにとっての希望です。

ほんのひととき、希望や安らぎの満ちた空間、ユートピアへあなたの手を包んで、連れて行きたいです。




Kenny Pain坂口隼人beewaa六根由里香によるグループ展を開催いたします。
本展では、ペイント、リトグラフ、インクジェットプリントなど様々な表現技法を用いる作家たちが、安らぎや心地良さをテーマにユートピアな空間をつくります。






::ARTIST PROFILE::

Kenny Pain

1996年生まれ。大阪在住。
自身の精神状態をイラストレーションで表現する。

instagram:@k_e_n_n_y_p_a_i_n



坂口 隼人 | Hayato Sakaguchi

1995年生。京都精華大学イラスト学科卒。
視覚の違和感や顕在/潜在意識の差をテーマに絵を描く。

instagram:@skgc_hyt



beewaa

1997年生まれ。
家庭用インクジェットプリンターを利用し、 水に滲みやすいインクの特性を生かした、輪郭のぼやけた絵画表現で 脳に潜む様々な生命体を可視化する。
「わたしの身体は無数の生命によって支えられている」をテーマに作品を制作している。

instagram:@bewa_bewa



六根 由里香 | Yurika Rokkon

1995​年大阪生まれ。
現在、京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程版画領域に在籍中。
あらゆるドローイング方法を模索しながら、リトグラフでの作品展開も行う。
対象物の輪郭やディテールを視覚的に捉えた線や自発的な線で描き、リトグラフの工程の中で、見たものを検証する。また、ものの輪郭とトレースすることに焦点を当て、なぞることの不確かさに興味を持ち、作品展開している。

instagram:@rokkon_6




Facebook eventpage:https://www.facebook.com/events/1678203369001015/

企画:Kenny Pain, 坂口隼人, beewaa, 六根由里香, Pulp 田窪直樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です